スジャータとは

スジャータは喜んで釈迦に乳粥を供養した。釈迦はこの乳粥で体を癒した後、菩提樹の下で悟りを開いたと言われている。 仏教では現代でも、宗派によってはスジャータを最初の優婆夷(女性在家信者)であると定義している。

村娘のスジャータから布施を受ける太子 シッダルタ太子の苦行の様子は、経典に伝えられるには節食、断食、呼吸の制御、特殊なり方、立ち方、肉体的苦痛を受けるなどの苦行等で肉体に打ち勝つ力を養い、精神力や意志の鍛錬をするものでした。

スジャータ(めいらくグループ) ao:大府工場(愛知県大府市) nty:千葉工場 (千葉県佐倉市) nsp:千葉工場(千葉県佐倉市)※製品が違うため同一工場でも記号を分けています。 ga:長野県 kh

35歳のシッダールタは、 ガヤー地区 (英語版) のほとりを流れる ナイランジャナー川 (英語版) で沐浴したあと、村娘のスジャータから乳糜の布施を受け 、体力を回復してピッパラ樹の下に坐して瞑想に入り、悟りに達して仏陀となった(成道) 。

父親は村の有力者だった。その後、スジャータ一家が住んでいたこの場所にこの様な大きな卒塔婆が建立された、との説明だった。その土饅頭を触っていると、何か2500年前の情景、やせ細った仏陀と彼を介抱する村の娘スジャータ。

スジャータの 「乳粥」 の読み「乳粥」 – これ、何て読みますか?牛乳で炊いたお粥(かゆ)のことであるのは分りますが、その読みは?「ちちがゆ」? 感じとして、どうかな、と思う。「にゅうがゆ」? 音読み+訓読み。 普通は、このような読みはしない。かゆ 粥 – この音読みは? 「イク

スジャータめいらく 豆乳アーモンド 330mlの総合評価:7点中4.6点【注目クチコミ】「あまーくてナッティーな