福島旅行宿  ブログ

福島市のことなら地球の歩き方「福島特派員ブログ」。こちらでは「福島市の旅行・ツアー・ホテル」に関する現地の最新情報を掲載。コメントも募集しています。

2019/6/21 国内旅行ブログ, 福島旅行記(2019年5月) 福島旅行2泊目は、裏磐梯の「猫魔離宮」に宿泊します。 じゃらんで東北1位になった人気ホテルで、”五色沼”が目の前!という立地の良さ 記事を読む

「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。 もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、 なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。

今回は2020年2月に復活した宮城仙台の温泉地<作並温泉>にある、「神の湯 作並ホテル」の日帰り入浴をいただいてきたお話です(*´ェ`*) 私はいつも思っていた 以前紹介した作並温泉の「作並温泉ゆづく

大 内 宿 会津若松駅からバスに揺られて1時間ちょっとで大内宿の駐車場につきました。 大内宿は、会津若松から日光今市を結ぶ街道の宿場町の一つです。 現在は、重要伝統的建物群保存地区に指定されています。 バスは大内宿の中にとまるわけではなく、その結構手前で停まります。 ここ

元旅行業界の私やうちの主人のあるあるを思いつく限り記事にしてみました。 他の方のブログに書かれている「アルファベットをエイブルべーカーチャーリー」なんていうかっこいいものではありません。

先日、母畑温泉(福島県石川町)の宿「高蔵内源泉 (2012年7月6日) 推薦されたレビューブログ 2013年2月20日15:18 この投稿にコメント 削除依頼

山好きの女子による温泉ブログです。 女一人旅ブロガー。国内専門です。 温泉宿への宿泊記、日帰り入浴記、旅の食事や登山の記録も。 登山と温泉を絡めた一人旅を好みます。 単独登山多し。

なつふゆ母、3月は何かと忙しくてブログ更新もままならず、また少し間が空いてしまいましたが、あと少しで箱根伊豆旅行記もお終いですこのまま一気にラストまで更新頑張ります4日目に泊まったお宿の詳細は最後にupするとして旅行5日目お宿を

今回紹介する温泉は完全な野湯です!非常に危険な場所にあるので行くのなら自己責任で行くようにして下さい。決してお薦めはしません。いい加減なサイトだと楽しかった!とか書いているのですが、過去に亡くなられている方がいる温泉です。無知で準備も何もし

特に、ひとりで温泉宿に泊るのが好きでして。 ふらり「静かな温泉旅」をしては、そのことをブログに綴っています。 行き先は、首都圏からアクセスしやすい北関東・甲信越の温泉地が多めです。

高湯温泉 安達屋旅館福島県にある高湯温泉は、白濁したお湯が素晴らしく、僕が知る限りではすべての宿が源泉掛け流しという温泉地です。その中でも人気の宿が、ここ安達屋旅館さんです。比較的標高の高い場所にあり、近隣や客室からは福島市を一望出来るよう

茶褐色の冷鉱泉「聖石温泉」でポカポカになった後は、本日のメイン「リカちゃんキャッスル」へ。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ (→前回の記事はこちら) 連休なので、やっぱりキッズが多かった。 CAを束ねる、

先週末、母親を連れて旅行に行った。今年は福島に一泊。会津若松周辺をふらふらする予定だった。紅葉の時期に新宮熊野神社〈長床〉の大イチョウが見たいなとは常々思っていてひとりでも行くつもりだったのだけど、今年はお互いに予定が合い、ギリギリで宿もとれたので母子ふたりでの

Photo courtesy: 静楓亭 昨秋のことですが、両親から「超いいから」と勧められた温泉旅館「静楓亭」に贅沢にも2連泊してきたのでレポートです。 福島は磐梯山にある露天風呂の宿 静楓亭は、全室大露天風呂付きの贅沢な温泉旅館です。 10年程アメリカにいたのでその間は日本に帰国したときに

南会津町水無地区にあるシラネアオイ園へ行って来ました。 その名の通り、シラネアオイを中心とした山野草の楽園です♪ ディープな山野草ファンの中でも、国内屈指の名園とされています 県道369号線沿いにある入口 今回は、間もなく見頃を終えようとして

福島(その他)にある食事の評価が高い部屋食プランがある温泉旅館・ホテルをご紹介。ユーザーの口コミ評価が4点以上の宿を厳選して探すことができます。部屋食プランのある温泉旅館・ホテルの予約をするなら、biglobe温泉をご利用ください。

日本全国の温泉宿情報の[福島]カテゴリ全15記事中1ページ目(1-15件)の記事一覧ページです。

福島に1泊2日で旅行に行ってきました^^今回はその旅行について紹介したい と思います! まず1日目は、大内宿(おおうちじゅく)へ。ここは江戸(えど)時代に旅(たび)をする 人たちが休んだり、泊(と)まったりするために来た場所です。昔(むかし)ながらの 建物

尾瀬入山口の宿 七入山荘の宿ブログ。気になる詳細情報は是非アクセスして確認下さい。

4.3/5(70)

心身の栄養となる旅行や温泉入浴は、適度に必要です。 ちょっとこの空気感にお腹がいっぱいになったら ご自身の体調と相談しながら、ぜひご活用ください♪♪♪ 当館スタッフも笑顔でお迎えさせていただきます!