中川俊男中医協

医療政策懇談会のご案内 参加者急募 -日医副会長の中川俊男氏より平成31年度税制改正につきご講演- 先般より、京都医報においてお知らせしているとおり、府医では、日々の医師会活動の活性化に資するため、医療政策懇談会を開催し、会員の先生方

中川俊男常任理事は11月11日の定例記者会見で、中医協で現在議論が行われている初・再診料、入院基本料等(小児の入院医療、入院基本料、病院勤務医の負担軽減)に対する日医の見解を示した。

長妻昭厚生労働相が、中医協(中央社会保険医療協議会)委員メンバーから日本医師会の推薦枠を撤廃したことで、 日医側も中川俊男常任理事が「容認できない」とするなど波紋を呼んでいる。

中医協総会で診療側委員の中川俊男委員(日本医師会副会長)が日本調剤を名指して、「患者からの同意を得たかかりつけ薬剤師が不在の時、他の薬剤師が対応し、かかりつけ料を算定していないか心配だ」などの発言に対し、日本調剤は3月29日、「事実ではないことを強く申し上げる」との

<中川日医副会長:「医療機関は過去4年にわたって、機会損失を被った」と厚労省に抗議> 日本医師会の中川俊男副会長は8月30日、厚労省の樽見秀樹保険局長に面談し、「控除対象外消費税補てん状況の集計ミスに対して厳重に抗議する」との文書を提出。

「中医協人事、プロセス容認できない」 日医の中川理事. 日本医師会の中川俊男常任理事は28日の記者会見で、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)の委員選考について「内定に至るまでの人事プロセスは断じて容認できない」と述べた。

さすがに中医協でも4月13日の総会で、発言力の大きな中川俊男委員(日本医師会副会長)が「薬価収載された医薬品の効能・効果が大幅に拡大された場合に、(中略)薬価がそのままというのは誰が考えて

2016年度の医療改定がうるさくなってきました。3月になっても改定の事まったくわからない奴ってどうなの?的な事を言う奴が多すぎです。あー、あー、うるせー、うるせー。社会的に有益な加算が増えるよりも自分の給料が100でも増えるほうが興味あるんじゃい!さて、医療改定で必ず出現

こちらは、遠隔診療いつ実現?医師会「対面が原則」vs.健保組合「医療費減」のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

一方、日本医師会副会長の中川俊男氏は「平均在院日数の短縮はもう限界にきている」と反論。両者の主張は平行線をたどった。 看護必要度を大幅見直し、手術直後の状態を評価する「m項目」新設

日本医師会(日医)の中川俊男常任理事は、28日の記者会見で、医療行為の公定価格を決める中央社会保険医療協議会(中医協)の委員改選に

中医協にはこれまで、日医から竹嶋康弘副会長、藤原淳・中川俊男両常任理 事が委員として出席してきたが、10月1日に任期を迎えたことから、厚生労働 省では、長妻大臣等政務三役が中心となって、人事案が検討されてきた。

一方、中川氏は、患者を診察して薬物治療の要否や処方薬を決めるのは、医師法で認められた医師の権利であり、医師の処方に基づき調剤するのが薬剤師の役割であるなどと主張。 「幸野発言」問題は、この日の中医協総会の議題ではなかった。

病床機能分化の日医案、「意見でなく対案」-社保審医療部会wgで中川氏 医療・介護情報CBニュース 2012年5月31日 (木) 【財政審分科会】プラス改定は理解得られず‐中医協会長らから意見聴取

[PDF]

(中川俊男 日医副会長代読)から祝辞をいただい た。 議事 1.平成30年度全国有床診療所連絡協議会庶務 事業報告 松本専務理事より総会(山口大会)、年2回の 常任理事会や年4回の役員会開催、また、日医 や厚労省との懇談、自民党議連総会の開催や医療

[PDF]

これ 対 異議を唱えた が 本 師会副会長 中川俊男氏「 れだけれに対し、異議を唱えたのが、日本医師会副会長の中川俊男氏。「これだけdpcが増え てきて、調整係数をなくすという大転換を控えて、本当にこのdpc制度がいいのかを常に考

中川氏は、ハーボニーの薬価収載を中医協として了承することをいったん見送るよう提案したが、厚生労働省保険局医療課長の宮嵜雅則氏が

日医・中川氏 武田テバを名指し、「企業戦略はそれでいいのか」 日本医師会の中川俊男副会長は31日、中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で「武田テバ」を名指しし、先発品企業が別企業に承継する長期収載品とオーソライズド・ジェネリックの「違いがわからない」と説明を求..

当然ながら、中医協総会では、「うがい薬の保険外し」に異論が集中。 口火を切った のが、 日本医師会副会長の中川俊男氏だ。 「始めて見る文言」と指摘し、 この保険外 しが入った経緯を質し、 さらにはその妥当性を疑問視し、

2017年においても中医協の場で医師会所属の委員から大手調剤薬局の社名を名指しして「患者からの同意を得たかかりつけ薬剤師が不在の時、他の薬剤師が対応し、かかりつけ料を算定していないか心配だ」などと不正請求の疑惑をかける発言をし、大手調剤

10月まで中医協委員だった山形大学学長特別補佐の嘉山孝正氏がかつて「お金の分捕り合いの議論はよくない。各医療職種が自らのエゴを超えて、患者、国民にとって、より良い医療を実現するには、どういう評価が適切か。

日本医師会は10月23日に記者会見を開催し、今月末に中央社会保険医療協議会委員の任期を終える嘉山孝正氏に代わり、日本医師会副会長の中川

【中医協ひろい読み】 入院医療の機能分化、 短期滞在手術等基本料 (全国保険医新聞2015年11月5日号より) 10月14日の中医協総会では、「入院医療における機能分化」、「短期滞在手術等基本料」のあり方について議論を進めた。

平成22年度診療報酬改定に向けて、1月13日に中医協総会が再開されたことを受け、中川俊男常任理事は同日に行われた定例記者会見で、中医協での議論に対する日医の見解を示した。

常々感じているのだが、日本医師会がみずからの立場を世に訴えかける力は、並大抵ではない。 情報収集のために張り巡らせた網は、じつに幅広い。健康情報から生命倫理の問題、さらには政治や政

[PDF]

援に対して、療、AIを用いた診療支中川俊男委員は「遠隔診の中医協総会で診療側の 18年度診療 者や医師などの負担軽れに対し、支払側は「患はないか」と述べた。そするという方向は拙速で報酬改定での

【中医協ひろい読み】 分割調剤拡大の提案 ―診療、支払溝埋まらず ― (全国保険医新聞2015年11月25日号より) 11月6日の中医協総会では、残薬の適正化を議題に「分割調剤の対象拡大」について議論

日本医師会の中川俊男常任理事は10月25日の第121回臨時代議員会で、中央社会保険医療協議会(中医協)の委員人事について「明らかに報復人事」との認識を示し、「日医は政権に屈服することはない」とした上で、日医として政権交代に左右されない「一貫

中川俊男常任理事は、2月9日の緊急記者会見で、8日の中医協総会における再診料の議論の結論が得られず、公益委員の裁定に持ち込まれたことを受けて、日本医師会は、診療所の再診料の引き下げに断固反対するという姿勢を改めて強調した。

厚労省からは、地域医療構想で提示された病床機能に対し診療報酬をどのようにすべきかを含めて議論を行ってほしいとの発言がされ、中川俊男委員(日本医師会副会長)は、「地域医療構想は地域間の病床の過不足を直すのではなく、不足している病床を

中医協総会、遠隔診療のあり方議論 ―18年改定へ 外来の検討始まる― 診療側委員の中川俊男氏(日本医師会副会長)は、医師が遠隔地の患者等に対して情報通信機器を介して診察する遠隔診療は、「あくまで直接の対面診療の補完」だとし、基本的な

中川 俊男 日本医師会副会長. 松本 純一 日本医師会常任理事. 万代 恭嗣 日本病院会常任理事. 長瀬 輝誼 日本精神科病院協会副会長. 堀 憲郎 日本歯科医師会常務理事. 安部 好弘 日本薬剤師会常務理事

中央社会保険医療協議会は17日の総会で、地域包括ケア病棟入院と回復期リハビリテーション病棟入院の2018年の報酬改定について議論した。 中川俊男委員(日本医師会副会長)は、地域包括ケア病棟入院に

[PDF]

議会(中医協)でこれまで2年をかけて行ってき た議論を踏まえ、年明けから具体的な配分の議論 を行いました。 翻ってみますと、平成26年度の診療報酬改定 は、国民との約束である社会保障・税の一体改革 に基づいた第一歩を踏み出したものでありまし

中川俊男常任理事の司会進行のもと、冒頭唐 澤祥人会長より下記のとおり挨拶があった。 執行部では基本的な方針として広報活動の充 実を最重要課題に据えているため、今後とも先 生方のご協力をお願いし

[PPT] · Web 表示

中医協dpc評価分科会 「 これに対し、異議を唱えたのが、日本医師会副会長の中川俊男氏。「これだけdpcが増えてきて、調整係数をなくすという大転換を控えて、本当にこのdpc制度がいいのかを常に考えて検討しなければならない」と前置きをした上で

[PDF]

中川委員提出資料 提出委員 中川俊男 tkc医業経営指標に基づく動態分析の概要 -2008年4月~2009年3月期決算- 社会保障審議会医療部会 2009年11月19日 社団法人 日本医師会 資料提供 tkc全国会

先般より、京都医報においてお知らせしているとおり、府医では、日々の医師会活動の活性化に資するため、医療政策懇談会を開催し、会員の先生方の医療制度への理解を深める一助となるべき機会を設けており、今年度は、下記日程にて、日医副会長の中川 俊男氏に、医療における消費税

日本医師会は10月23日に記者会見を開催し、今月末に中央社会保険医療協議会委員の任期を終える嘉山孝正氏に代わり、日本医師会副会長の中川俊男氏をその後任委員として推薦する方針を示した。 中川氏は2009年に民主党政権の発足に伴い委員を外され

中川俊男常任理事は1月6日の定例記者会見で、2010年診療報酬改定における再診料に関する報道を受けて、改めて日医の見解を述べた。 報道の経緯を見ると、昨年12月16日の中医協基本小委にて病院と診療所の再診料統一に合意したと報じられたが、中医協

中央社会保険医療協議会総会(第316回12/2)《厚生労働省》今回のポイント 中央社会保険医療協議会の「総会」で、回復期リハビリテーション病棟入院料1体制強化加算を議論 一定条件下、回復期リハビリテーション病棟の専従の常勤医師が入院外の診療にも一定程度従事可能に厚生労働省は12

注目された副会長選挙は、今村聡氏(東京)、中川俊男氏(北海道)、松原謙二氏(大阪)の現職3人が当選した。横倉氏は会長選に立候補するにあたり、役員の推薦候補者(キャビネット)を公表。

さらなる見直しの必要性はまったくない」として、 「医師の偏在や医療崩壊の責任を、中医協に帰結させるのは安易である」と批 判した。 つづいて中川俊男常任理事が、議論の各論についての日医の見解を

一方、中川氏は、患者を診察して薬物治療の要否や処方薬を決めるのは、医師法で認められた医師の権利であり、医師の処方に基づき調剤するのが薬剤師の役割であるなどと主張。 「幸野発言」問題は、この日の中医協総会の議題ではなかった。

長妻昭厚生労働相は26日、医療行為や薬代の公定価格である診療報酬を決める中央社会保険医療協議会(中医協)の委員のうち、日本医師会

日本調剤、中医協での日医・中川委員の発言に対して見解発表 調剤薬局チェーンの日本調剤は、先ほど行われた中央社会保険医療協議会(中医協)において、日本医師会の中川俊男委員が同社のかかりつけ薬剤師指導料等に対して私見を述べたことについて、見解を発表した。

竹嶋康弘副会長、中川俊男常任理事は、4月21日に開催された財務省の財政制度等審議会財政構造改革部会において社会保障制度に関する議論が行われたことを受け、4月22日の記者会見で、日医の見解を明ら