早急読み方

早急(さっきゅう)とは。意味や解説、類語。[名・形動]非常に急ぐこと。また、そのさま。至急。そうきゅう。「早急な処置が望まれる」「早急に対策を講じる」 – goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

「早急な処置が望まれる」「早急に対策を講じる」 menu. コトバンク. 早急 (読み その他の辞書アプリをお探しの方はこちら

ここでは、早急について、意味や使い方はもちろんのこと、読み方によって使い方は異なるのかといった点や、類語なども紹介していきます。 ぜひ最後までご覧いただき、この言葉についてきちんと理解・整理してみてください。

「早急な」 という言葉は急いでいるという意味となります。 急いでいる程度についても普段と違い、余裕がないほど急ぐという意味を持ちます。 また 「早急な」 という言葉は読み方が二つあり、 「さっきゅうな」 と 「そうきゅうな」 の二種類です。

早急 ← なんと読みますか?そうきゅう?さっきゅう?宜しくお願いします。本来は「さっきゅう」が正しい読みです。「そうきゅう」は、間違ってそのように読む人が多いために定着してしまったものです。

時間との戦いになりやすいビジネスシーンにおいて、物事を”速やか”に解決するのは責務です。それを表現する言葉に「早々(そうそう)」があります。見るからに急いでいることがうかがえますが、本来の「早々」の意味と使えるシチュエーションを理解しているでしょうか?今回は「早々

ビジネスシーンでもよく目にする言葉の1つが「早々に」という言葉です。迅速に連絡や対応をしてくれた際に使用する言葉ですが、正しい意味や使い方を理解していない人が多い傾向にあります。今回は「早々に」の正しい意味や使い方を例文を交えてくわしくご紹介いたします。

「早速」の読み方は?読み方が分からない難読漢字・地名・人名・著名人を検索できる読み方辞書サイトです。

急ぎの連絡の際に「至急」という言葉をよく使われます。この至急という言葉、そもそもどのような意味なのか、「早急」との違いはなにか、英語ではなんといってよいのか、この記事で解説いたします。

読み方正しい?『よくある読み間違い』他人事、凡例、相殺、重複、疾病、乳離れ、年俸、発足、早急、異名、大舞台、刺客、出納、礼賛、出生率、一段落、角地、粗利益、一日の長、古文書全部正しい読み方わかりますか? ひとつでも間違って覚えているものがあるなら・・・ 今すぐ覚え

【1分でわかる】畏敬の念の意味や使い方と例文!読み方や類語と言い換え表現も 【1分でわかる】早速のご対応ありがとうの意味やビジネスメールでの使い方と例文!敬語表現も

「早急に移動して下さい」 とかニュースとかでもよく聞く「早急」という言葉。 早急 ←読み方分かりますか? そうきゅう ではありません。 さっきゅう が正しい読み方なんです。 と思ってましたけど最近はどちらでもいいということになっているようですね。 元々は さっきゅう だった

「早急なご対応」「早急なご対応」とは上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使われます。「早急」の意味は、非常に急ぐこと。「対応」の意味は、周囲の状況などに合わせて物事をすること。予期しないことが起こったとき、誠に申し

この記事では早速の意味と使い方について解説いたします。また早々や迅速、取り急ぎとの違いについても解説し、記事を読み終えると、これらの言葉を状況に応じて使い分けることができます。

「施術」の読み方. 結論から言うと「せじゅつ」「しじゅつ」2通りの読み方、どちらも正しい読み方です。 これは、読み間違いを防止するために2通りの読み方が出来たと言われています。

「遡及」という言葉の読み方と意味を解説していきます。難読語として有名な言葉のため、覚えておくと便利です。大事な書類などにこの言葉が出てきて困惑したという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「遡及」の意味・使い方などを紹介していきます。

早急、逝去、乱高下、代替、相殺、汎用、踏襲。読めますか? 正しい読み方を知らなかった漢字ランキング。

日本語における漢字は漢字自体が難しくて読めない場合や、使っている人や状況によって読み方が異なる漢字、本当は読み間違えているのだけど多くの人がそのまま用いるようになってそれが読み間違いであると気が付いていない漢字まであります。今回はそれを踏ま

漢字「哮」の部首・画数・読み方・意味・熟語などが調べられます。

続柄の正しい読み方について紹介していきます。この言葉、確かにつづきがら・ぞくがら、その両方で読む人がいる印象です。多く読まれているのは【ぞくがら】ですが、果たして正しい読み方はどちらなのでしょうか?詳しく見ていきます。

ところで、放送にあたって常に配慮すべきことは、正しく適切なことばの使い方や読み方に加えて、その用語・表現が耳で聞いてわかりやすいか

「迅速な対応」は「速やかな対応」という意味です。「迅速な対応」は「素早い」だけでなく「丁寧さや正確さ」を含んでいます。この記事では「迅速な対応」の正しい使い方について解説します。

「拙速(せっそく)」とは「出来はよくないが、仕事は早いこと」を意味します。仕事に関する言葉なので、ビジネスシーンでも使う機会は多いです。この記事では「拙速」の意味や使い方、例文、類語と反対語について解説します。

『早急』の読み方は『さっきゅう』です。意味は“非常に急ぐこと”です。ところが、『そうきゅう』と間違った読み方が増えているそうです。その原因として『早』の読み方に『さっ』というのがありますが、『早急』以外でこの読み方をする漢字は『早速』といったように限られているから

「代替」という漢字は、”だいたい”や”だいがえ”など人によっていろんな読み方をされますよね。いったい正しい読み方はどちらなのでしょうか?日常生活はもちろん、ビジネスの場面でも使うことが多い言葉なので、正しい読みはぜひ知っておきたいところ。ぜ

「早々」の意味や例文・使い方・類語・英語表現・語源を解説しています!「早々」のビジネスでの使い方と早々と迅速の使い分けも同時解説!早々にご対応いただき&「はやばやと」ビジネスの使い方と

本来「早急」の読み方は、「さっきゅう」が正しい読み方です。 「早急」を「そうきゅう」と読んでも、意味は通じますよね。 これが、慣用音や慣用読みと言う読み方です。 間違って読んでいたが、多くの人が慣れてしまい読むようになった言葉なので

性急の意味とは?類語や対義語・使い方は?早急との違いは何?性急という言葉を使う場面にはどんな状況が当てはまるでしょうか?その意味を知るとその場面も自ずと浮かび上がってきます。性急の類語や対義語の紹介をして、更に理解を深め

kiyo_hiko, ”さっきゅうが政治ニュース臭感じるのでそうきゅう派” / gotesar, ”「早急」の読み方、「そうきゅう」「さっきゅう」どちら派? 仕事でよく「早急に対応をお願いします」なんて使う人も多いと思いますが、よくよく考えてみると「そうきゅう」なのか「さっきゅう」なのか、迷って

あくまでもどちらの読み方も正しいとしたうえでの優先度なので覚えておいてください。 ちなみに”存”をどちらの読み方でも読める言葉の方が少ないので、 ”存”が付いていれば「~そん」「~ぞん」どちらの読み方でも大丈夫というわけではありません。

贈の音読みは「ぞう」、訓読みだと「おく(る)」と読みます。 どっちで読んでもかまいません。 さらに贈には、呉読みと漢読みがあるということです。 実は、寄贈のきそうという読み方は、呉読みに関係があります。 呉読みと漢読み

小学生の方へ; 中学生の方へ; 高校生の方へ; 大学生・社会人の方へ; 団体ご担当者様へ; 漢検の教材; よくある質問; top; どれだけ知ってる?漢字の豆知識; 意味・読み、語源と変化 「慣用読み」ってなんだろう?

漸くの読み方・意味・例文や間違えやすい漢字10選も!早急/依存心 あなたは、「漸く」という漢字を見たことがありますか?さんずいに斬るで一体どんな読み方をするのか、まったく見当がつかない人もいることでしょう。

「早急」の正確な読み方が「そうきゅう」じゃないって知ってましたか?知らない人が9割!

道中駕籠を宿つぎ人足を代えて早打ちみたよう——夜どおし揺られて箱根の峠にさしかかるあたりで明日の朝日を拝もうという 早急 ( さっきゅう ) さ。

「早急」の正確な読み方が「そうきゅう」じゃないって知ってましたか?知らない人が9割!という記事を読んでびっくり。 「早急」は「そうきゅう」だろう。 記事の中に、 「さっ」は「早」の慣用音で、

「乳離れ」、これは一体なんと読むか。gooランキングは7月1日、「実は読み間違えている漢字ランキング」を発表した。「貼付」「続柄」「依存

「依存」という語の読みは「イソン」が伝統的な読み方であると言われていています。国語辞典でも「イソン」を主な読みにしているものが

漢字の読み方に、自信はありますか?日本の漢字には音読みと訓読みがあるので、混同して勘違いされている可能性があります。実際に私もそうだったので、気づくことができてうれしい反面、少し恥ずかしい気持ちもありました。スポンサーリンク

漢字には大きく分けて音読みと訓読みがありますが慣用読みもありますし、特別な読み方をする場合もあって読み方を間違えることが少なくありません。そんなわけで、日常で使うことが多そうな漢字を選んでみました。読み方を間違えやすそうな漢字!

「早急」は慣用読みで「さっきゅう」ふつうに読めば「そうきゅう」ですよね。なのに「早速」は「さっそく」と読むけど「そうそく」とは読みません。なぜでしょうか。どんな規則がそこにあるのでしょうか。車に関する質問ならGoo知恵袋。あなたの質問に50万人以上のユーザーが回答を寄せ

自分では正しいと思っていたはずの漢字や日本語の読み方が、実は間違えていた・・・とか、みんながそう読んでいるのに、実はそうではなかった・・・ということってありませんか? あんまり使わない言葉だけではなく、普段からよく使っている言葉や言い回しでも、実は読み方を間違えて

でも実はこの読み方は間違った読み方で、それが定着してしまったのです。 もともとの正しい読み方は・・・ ①しゅにゅう ②げんざん ③さんぱい ④どくせんじょう ⑤かんのう なんですよ。

早急もこれまでの一般的な読みに従えば「ソウキュウ」と読むほうが自然で、「サッ」と読むのは慣用的な読み方で、むしろ正しく漢字を勉強していない百姓等が使う読み方です。

初めに「貼付」の読み方について見ていきましょう。 この言葉は、もともと「ちょうふ」という読み方をします。 しかしながら、「てんぷ」と読む人が多いことからそれが定着し、現在では「てんぷ」という読み方が辞書にも掲載され、慣用読みとして

<逝去の使い方> ・元麻布春男氏、逝去のお知らせ ・横須賀市内の病院にて家族に看取られ逝去した。64歳だった。 ・脳出血のため7月27日19:00頃に逝去したことがわかった。享年40歳。 以上、逝去の読み方

こちらからも「ハクヤ」が本来の読みであることがうかがえる。 次に「白夜」「読み方」のキーワードでインターネット検索したところ、『nhk放送文化研究所』のサイトに「放送現場の疑問・視聴者の疑問」として「『白夜』の読み方は?

滅多に使わない漢字で、読み方を間違って相手に話してしまって恥ずかしい思いをした事はありますか? 以前某総理大臣も度々漢字の読み間違いをし、色々なところで皮肉られていたのも久しくありません。